東日本、戦後最も暑かった 記録ずくめの夏

2018/9/3 19:02
保存
共有
印刷
その他

気象庁は3日、6~8月の天候まとめを発表した。平均気温が東日本(関東甲信、東海、北陸)で平年を1.7度上回り、統計を取り始めた1946年以降、最も高くなった。台風も18個発生し、94年と並び最多タイに。西日本豪雨など大雨も目立ち、異常気象が相次いだ夏となった。

気象庁の竹川元章予報官は「記録的な夏。(西日本の)豪雨を含めて、異常気象と捉えている」との認識を示した。

7月以降、東日本と西日本では記録的な高温に見舞われた。西日本(近畿、中国、四国、九州北部地方、九州南部)は平年を1.1度上回り、2013年に次ぐ過去2番目の暑さとなった。

7月23日には埼玉県熊谷市で41.1度を記録し、最高気温の歴代全国1位を更新。アメダスなど全927地点のうち、2割にあたる202地点でも最高気温を更新した。

今年は関東甲信地方が初めて6月に梅雨明けするなど、夏の訪れが早かった。高温の要因は、太平洋高気圧に覆いかぶさる形で日本列島へ張り出したチベット高気圧。高気圧の勢力が強くなり、晴れる日が続いた。

山から風が吹き下りて気温が上がりやすくなる「フェーン現象」も影響し、北陸では統計を取り始め、初めて40度以上を記録した。

大雨も目立った。7月の西日本豪雨では台風7号や梅雨前線の停滞で断続的に雨が降り続いた。沖縄・奄美地方では台風が連続して直撃。平年比177%の降水量となり、統計開始以来最大となった。

気象庁によると、9月の気温は全国的に平年並みとなる見通しだが、気圧の谷や湿った空気の影響で降水量は多くなる可能性があるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]