/

この記事は会員限定です

ケフィア破産、被害3万人か 支払い遅延後も新規勧誘

[有料会員限定]

加工食品などのオーナーを募って多額の資金を集めていた通信販売会社「ケフィア事業振興会」(東京・千代田)が3日、破産手続きに入った。同社は遅くとも2017年秋には契約者への利子などの支払いが滞ったが、その後も新規の勧誘を続けていた。支払いが滞納した契約者は3万人に上る可能性があり、契約者側の弁護団は刑事告訴も辞さない構えだ。

3日午前、ケフィア社の本社ビルには契約者らが断続的に訪れたが、入り口に裁判...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン