2018年11月21日(水)

安川電機、スイッチ事業を子会社化

エレクトロニクス
九州・沖縄
2018/9/3 18:31
保存
共有
印刷
その他

安川電機は3日、電気や磁気回路のスイッチ機器事業を子会社「ベスタクト・ソリューションズ」(福岡県行橋市)として同日付で分社化したと発表した。国内外で鉄道車両やエレベーター向けなどに需要が伸びており、専門会社として営業網や生産体制を素早く構築できるようにする。売上高は2017年度の約24億円から、21年度に50億円と倍増を目指す。

スイッチ機器事業はグループの安川コントロール(同市)が運営していた。「ベスタクト」は安川電機の商標で、ガラス管に封入したリードスイッチの一種。回路部を電気と磁気の二重構造にしたり、スイッチ部分の形状を工夫したりして、オンオフできる電圧や電流の容量が大きい。

ホコリや塩害が多い環境でも高い耐久性を持つといい、近年は中国や欧米で鉄道車両ドアの開閉検知スイッチや昇降機の停止位置検知スイッチなどに需要が伸びている。17年度の海外売上高比率は3割強。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報