2019年2月18日(月)

2/18 13:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,281.76 +381.13
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,260 +360

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月15日(金)14:14

[PR]

業績ニュース

ピジョンの18年2~7月期、純利益25%増

2018/9/3 20:30
保存
共有
印刷
その他

ピジョンが3日発表した2018年2~7月期の連結決算は、純利益が前年同期比25%増の81億円だった。哺乳瓶や乳首などのベビー用品が、中国や日本、東南アジアで好調だった。

売上高は8%増の528億円。中国事業が14%増、東南アジアを主体とするシンガポール事業が23%増と大きく伸びた。国内ベビー用品事業は7%増。うち訪日客(インバウンド)需要は子ども用ローションなどが好調で35%増だった。北米は搾乳器が堅調だった。

2~7月期業績は会社計画を上回ったとしているが、19年1月期通期の業績予想は据え置いた。売上高は前期比4%増の1070億円、純利益は前期に特別利益があった反動で3%減の141億円を見込む。

下期は期初予想よりも円高・元安が進み、円換算した場合の売上高や利益の下押し要因になるとみている。下期の元の想定レートは6カ月平均で1元=15円80銭。2~7月期は17円08銭だった。

あわせて今期まで1月の決算期を来期から12月に変えると発表した。来期は19年2~12月の11カ月決算となる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム