2018年9月19日(水)

トヨタ紡織の新会社、拠点公開 車の防音性能評価

自動車・機械
中部
2018/9/3 17:45
保存
共有
印刷
その他

 トヨタ紡織は車の防音性能を評価、解析する新会社「ATNオートアコースティクス」の拠点を3日、報道陣に初めて公開した。自動車メーカーからの依頼を受け、車の騒音や振動の評価などを手掛ける。電気自動車(EV)など電動車向けの技術開発も加速させる方針も示した。

車の騒音や振動を評価するため、音の反響を低減した「半無響室」

 この日、コンピューターを使った防音性能のシミュレーションの実演や、音の反響を低減した「半無響室」などを公開した。「材料から部品、車全体の騒音や振動の評価を一貫してできるのが強み」(ATN社の鶴岡一夫・最高経営責任者)という。

 新会社は3月に設立し、トヨタ紡織に加え、防音部材などを手掛けるスイスのオートニウム、日本特殊塗料が出資している。トヨタ紡織の大口工場(愛知県大口町)内に本社を構え、3社が人材を派遣して合計11人で事業を始めているという。

 新会社では電動車向けの新技術の開発も進める。例えば電気自動車(EV)はエンジンが不要で音が静かになるが、モーターやバッテリーなどが発する音を抑えることが必要になる。「いろんな防音の手法をを組み合わせて対応した技術を開発していく」(鶴岡氏)という。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報