2018年11月19日(月)

信越化学、シリコーン5割増産 米中摩擦受け分散投資
【イブニングスクープ】

環境エネ・素材
2018/9/3 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

信越化学工業は車の樹脂部品や化粧品などに幅広く使うシリコーンを5割増産する。1100億円を投じて日本やタイ、米国など各拠点の設備を増強する。シリコーンは増産していた中国勢が環境規制で工場の操業停止を迫られ、品薄になっている。さらに米国が8月、中国に追加で制裁関税を課した。信越化学は世界の拠点から供給できる体制を整える。米中貿易戦争が過熱するなか、供給網を見直す動きが広がりそうだ。

シリコーンの中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

旭化成やコマツ、中国生産見直し 高関税回避に動く[有料会員限定]

2018/8/28 2:27

米中摩擦で「調達見直しも」 米HPEのネリCEO[有料会員限定]

2018/6/20 16:30

信越化、今期も最高益[有料会員限定]

2018/7/26付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報