/

この記事は会員限定です

信越化学、シリコーン5割増産 米中摩擦受け分散投資

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

信越化学工業は車の樹脂部品や化粧品などに幅広く使うシリコーンを5割増産する。1100億円を投じて日本やタイ、米国など各拠点の設備を増強する。シリコーンは増産していた中国勢が環境規制で工場の操業停止を迫られ、品薄になっている。さらに米国が8月、中国に追加で制裁関税を課した。信越化学は世界の拠点から供給できる体制を整える。米中貿易戦争が過熱するなか、供給網を見直す動きが広がりそうだ。

シリコーンの中間原料であるモ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り809文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン