/

この記事は会員限定です

挑戦続くiPS 京大の血小板再生、患者細胞を移植

[有料会員限定]

厚生労働省の部会は8月末、京都大学のiPS細胞を用いた血小板再生医療の臨床研究計画の審議を始めた。患者自身のiPS細胞を使う「自家移植」の再生医療は免疫拒絶の心配がほとんどなく患者にとって利点は大きい。ただ安全性やコストの問題は未解決で他の計画に波及するか未知数だ。普遍的な医療を目指す開発が今後も必要だ。

部会では委員が患者に対する文書説明を充実させる必要性などを指摘し、継続審議となった。京大側か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1336文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン