/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃 誰でも担い手

迫真・日本の備えは(2)

[有料会員限定]

セキュリティー大手、トレンドマイクロの岡本勝之(52)は東京都内のビルの一角でパソコン画面を見つめていた。画面に映るのは、日本国内各地の監視カメラの映像。セキュリティーの甘い監視カメラに侵入し、映像を公開している「Insecam」というウェブサイトだ。

岡本は「持ち主が気付かぬうちに防犯カメラの映像が世界中から盗み見られている。サイバー犯罪者の標的となり得る、利用者の管理が行き届いていないカメラが多数存在すること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン