2018年11月18日(日)

画像認識AIでパンを識別、日立ソリューションズ

AI
BP速報
2018/9/3 20:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

日立ソリューションズは2018年8月31日、日本マイクロソフトがパートナー向けに開いたイベントで、人工知能(AI)画像認識システムのデモを披露した。バーコードなどを貼りにくいパンをタブレットで撮影すると、パンの種類を自動判別し、そのパンの商品紹介やアレルギー情報などを表示する仕組みである。

この仕組みは日本マイクロソフトのクラウド型ビジネスアプリケーション「Dynamics 365」と、同社のパブリッククラウド「Azure」シリーズのクラウド型AI画像・言語認識サービス「Cognitive Services」を活用している。Dynamics 365が持つ写真データや商品マスター情報と、AI画像認識機能を組み合わせる。パン1種類につき5枚程度の写真をAIに学習させると、高精度に識別できるという。

日立ソリューションズが開発した画像認識システムのデモ。タブレットでパンの写真を撮影すると、商品を自動判別する

日立ソリューションズが開発した画像認識システムのデモ。タブレットでパンの写真を撮影すると、商品を自動判別する

商品情報の表示画面。アレルギー情報なども引き出せるようにし、慣れない店舗スタッフを支援する

商品情報の表示画面。アレルギー情報なども引き出せるようにし、慣れない店舗スタッフを支援する


日立ソリューションズは「Windows Server 2008」が2020年1月にサポート終了となるのに合わせ、クラウドサービスへの移行を提案する体制を強化している。

同社の柳雅紀ITモダナイズ推進部部長は「Windows Server 2008のサポート終了を単なる特需で終わらせたくない」と強調。「これを機に、Windows Server 2008上の古いアプリをAzureのAIなどを取り入れた最新版に作り変えるよう提案し、顧客システムのモダナイズ(近代化)に貢献したい」と続けた。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2018年8月31日掲載]

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報