2018年11月21日(水)

米フォード、ドローンでエンジン工場の設備を点検

科学&新技術
BP速報
2018/9/3 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

米フォード・モーターは2018年8月29日、英ダゲナムエンジン工場に設備点検用ドローンを導入したと発表した。高所のガントリークレーンや配管、屋根などを安全で効率的に検査できる。同社はドローンを点検以外の領域でも使用する可能性を探っている。

これまで高所の設備点検は、足場を組んで作業していた。以前は、工場の重機を扱う40メートルのガントリーを点検するのに12時間以上かかっていたが、小型カメラ「GoPro」を装着したドローンを使うことで作業時間は12分に短縮できた。高所作業のリスクも減少し、生産施設全体の点検を1日で終わらせることができるという。

(写真:フォード・モーター)

(写真:フォード・モーター)

(写真:フォード・モーター)

(写真:フォード・モーター)


ドローンは、配管の検査や空気漏れの場所の特定、高いところにある機械を検査できるように設定されている。足場を組む必要がないため、工場を閉鎖することもない。検査回数を増やせるため、不具合の早期発見にもつながるとしている。

(ライター 櫛谷さえ子)

[日経 xTECH 2018年8月31日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報