/

この記事は会員限定です

習近平式の宣伝工作巡る夏の「北戴河暗闘」の痕跡

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

8月前半、河北省の保養地、北戴河で開かれた今後の習近平体制を左右する現役指導者と長老らとの意見交換。その暗闘の一端が透けて見える出来事があった。

「(習近平が共産党トップに就いた2012年の)第18回党大会以来の思想宣伝活動工作の政策決定と執行は完全に正しく、その仕事に従事する多数の幹部らは信頼に値する」

国家主席の習近平(シー・ジンピン)は、8月21、22両日、北京で開かれた全国思想宣伝会議で強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン