2018年11月17日(土)

今夏のガソリン出荷3%増 好天・猛暑が消費押し上げ

環境エネ・素材
2018/9/3 11:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高値にもかかわらず今夏のガソリン販売量は増加した。好天が続き自動車を使った外出機会が増えた。記録的な猛暑でカーエアコンの稼働が高まったことも消費を押し上げたとみられる。

石油連盟(東京・千代田)の資料を基に推計した国内出荷量(7月1日から8月25日までの合計)は約828万キロリットル。前年同期を3%上回った。自動車の燃費の改善やエコカーの増加でガソリンの内需は年々縮小している。2017年夏は前の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報