2018年11月14日(水)

中国ネット通販大手、京東CEOが米で逮捕 翌日釈放

ネット・IT
小売り・外食
中国・台湾
北米
2018/9/3 9:51
保存
共有
印刷
その他

【上海=松田直樹】米メディアなどによると女性に性的暴行を加えたとして、中国ネット通販2位の京東集団(JDドットコム)の創業者で最高経営責任者(CEO)の劉強東氏(45)が、米国で逮捕されていたことが3日までにわかった。

中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の創業者で最高経営責任者(CEO)の劉強東氏=ロイター

米メディアの報道によると、劉氏は出張先の米ミネソタ州で女性に性的暴行を加えたとして8月31日に逮捕されたが、1日に釈放されている。京東は「根拠のない告発内容で一時拘束された。劉氏はすぐに釈放され、既に通常業務を再開している」との声明を発表した。米警察当局は「捜査を継続中」としている。

京東はアリババ集団に次ぐ中国ネット通販大手企業で、2017年12月期の売上高は3623億元(約5兆8000億円)。14年からは米ナスダック市場に上場している。

中国国内では「京東」などの名称で電子商取引(EC)サイトを運営しており、利用者数は3億人にのぼる。6月には米グーグルと資本・業務提携し、同社から5億5000万ドル(約600億円)の出資を受け入れるなど中国を代表する企業の一つだ。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報