2019年4月20日(土)

米カナダ、自国優先の応酬 NAFTA再交渉分裂リスク

2018/9/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権が仕掛けた北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉はメキシコと大筋合意したが、カナダとの妥結は遅れ、分裂リスクを抱えながら最終局面に突入した。カナダは通商協議で主張を曲げない頑固さで知られ、支持率低下に悩んだトルドー首相が「反トランプ」に転じたことも摩擦を強めた。無風のはずの米カナダ経済だが予期せぬ「自国主義」のぶつかり合いに発展した。

「NAFTAにカナダをと…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報