2018年11月22日(木)

メキシコの石油政策が不透明に
油田入札を延期、国営石油会社に重い投資負担も

環境エネ・素材
中南米
2018/9/2 17:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【メキシコシティ=丸山修一】世界有数の産油国であるメキシコの石油政策が不透明になってきた。同国政府は次期大統領に12月就任予定のロペスオブラドール氏の意向を受け、9月に予定していた油田開発を巡る民間企業対象の入札を延期した。ガソリンの完全自給を目指す同氏の巨額投資計画が国営石油会社の収支悪化を促す可能性も指摘される。産油量などに変化が生じれば、原油価格にも影響しかねない。

「メキシコ湾岸の2石油…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報