/

弁護団が契約者向け説明会 滞納の「ケフィア」巡り

加工食品などのオーナーを募って多額の現金を集めていた通信販売会社「ケフィア事業振興会」(東京・千代田)が契約者への預かり金や利子の支払いを滞らせている問題で、7月に結成した被害者弁護団は2日、契約者に向けた説明会を東京都内で開いた。弁護団は民事、刑事両面で責任を追及する方針を示した。

弁護団によると、8月末時点で全国の1579人から相談があった。滞納額は約82億円に上るという。

弁護団は「ケフィアがオーナーから新たに集めた資金を、別のオーナーへの返済に充てる自転車操業に陥っている可能性が高い」と指摘。団長の紀藤正樹弁護士は「グループ会社が60社近くあり資金の流れが不透明」と話した。

ケフィアは干し柿やメープルシロップなどの加工食品のオーナーを募り、契約から半年後に金額の10%程度の利子を加算して払い戻す「オーナー制度」などを展開。2017年11月ごろから支払いが滞り相談が急増した。消費者庁は滞納金が少なくとも340億円に上るとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン