/

この記事は会員限定です

EV電池を蓄電に再利用 日産やダイムラー、欧州で

[有料会員限定]

【フランクフルト=深尾幸生】電気自動車(EV)の電池を再利用する動きが欧州で広がり始めた。日産自動車や独ダイムラーは、電力網を安定させる蓄電システムに使う。EV電池は劣化すると性能が落ちるが、蓄電用では問題なく使えるためだ。日本でも同様の動きが出ている。EVと蓄電での電池共用が定着すれば、費用を抑えられ、EV普及につながりそうだ。

アムステルダムのサッカースタジアム、ヨハン・クライフ・アレナでこの夏、大規模...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン