タイムスタンプ発行、半期初の1億件 18年1~6月
財務省の文書改ざんなど背景に注目

2018/9/2 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電子文書に時刻情報を付与する「タイムスタンプ」の需要が拡大している。日本データ通信協会によると、2018年1~6月の発行件数は1億700万件で前年同期より28%増えた。文書と時刻を一体で暗号化するタイムスタンプがあれば、後から内容が変更されていないと証明できる。財務省の文書改ざん問題などを受け、データの信用を担保する技術として注目されているようだ。

タイムスタンプは、日本の標準時を決めている情報…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]