2019年4月20日(土)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

柔道、混合団体金メダル 層の厚さで圧倒

2018/9/1 23:15
保存
共有
印刷
その他

東京五輪で新種目となる混合団体は、昨年世界選手権で実施されているが、アジア大会では初めて。頂点に立った日本が示したのは、"本家"としての意地と選手層の厚さだった。

混合団体で優勝し金メダルを手に笑顔の日本チーム=共同

カザフスタンとの決勝は、最後に控えていた男子100キロ超級の王子谷の力を借りずとも、1ポイントも奪われない"ストレート勝ち"。先陣を切った女子57キロ級の舟久保が「勢いをつける戦いがしたかった」と横四方固めで下し、2番手の男子73キロ級の海老沼も延長戦で優勢勝ち。女子、男子とバトンをいい形でつないで最後は男子90キロ級の小林がけりを付けた。

団体戦らしく、試合前には海老沼を中心に円陣を組んで「最後はみんなが力を合わせて笑顔で帰ろう」と士気を高めていたという。「団体戦は流れが大事。日本の底力をしっかり見せつけられた」と女子の増地監督。

振り返れば、韓国との初戦が事実上の決勝といえた。難敵と3勝3敗の互角の戦いを演じ、一本勝ちなどに与えられる内容のポイント差で辛勝。この勝敗を巡って韓国は抗議してしばらく畳を降りなかった。ルールの解釈で相手に誤認があったようで、新種目ゆえの混乱も見受けられた。

東京五輪で出場できるのは個人戦の代表に限られるが、日本は今回、メンバーを多く入れ替えて臨んだ。「勝機を考えながら、使っておきたいメンバーを選んだ。多くの課題が残る厳しい戦いだったが、いいスタートは切れた」と男子の井上監督。男女でレベルの差が大きい国もある中で、どちらも高い技術を誇り、勝ちきれる強さをまとう日本はやはり初代王者にふさわしかった。(渡辺岳史)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

世界4階級制覇の懸かる次戦への意気込みを語る井岡一翔(19日、埼玉県越谷市のジム)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級2位の井岡一翔(Reason大貴)が6月19日に千葉市の幕張メッセで同級1位のアストン・パリクテ(フィリピン)と王座決定戦を闘うと、19日に所属ジムが発表 …続き (19日 17:21)

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級前王者の久保隼(真正)が、5月26日に中国江西省の撫州市でWBAフェザー級王者の徐燦(中国)に挑戦すると所属ジムが19日、発表した。
 29歳でWBAフェ …続き (19日 12:40)

強化合宿で調整する向翔一郎(18日、横浜市の桐蔭横浜大)=共同

 柔道の世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)男子日本代表が18日、横浜市の桐蔭横浜大での強化合宿を報道陣に公開し、男子90キロ級で初の個人戦代表入りを果たした向翔一郎(ALSOK)は「ここで …続き (18日 21:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]