/

この記事は会員限定です

やっかいもの「未利用魚」に光 アイゴやウツボ

漁業収入底上げ 消費も刺激

[有料会員限定]

小さかったり知名度が低かったりで浜の「やっかいもの」扱いされてきた雑魚「未利用魚」が脚光を浴びている。大型スーパーに並びにくいが故に消費者には個性的に映る。すしやカレーなどの新製品が続々登場。漁港直結の食堂もにぎわう。世界的な需要増で多くの水産資源が減少傾向のなか、海の恵みの有効活用や漁業収入の底上げに期待が高まっている。

アイゴにウメイロ、ウツボ。東京都墨田区の宅配ずし「京山」の一番人気は「おま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1558文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン