2018年11月14日(水)

通貨安、新興国で「伝染」 トルコ・アルゼンチン1カ月で3割安
マネーは米国株に

経済
2018/9/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新興国通貨安が進んでいる。8月は10日の「トルコショック」を機に多くの新興国通貨の対ドル下落率が月間2ケタに達した。特にアルゼンチンペソとトルコリラの下げが約3割と目立ち、アルゼンチンにはまたもや、デフォルトリスクがささやかれ始めた。底流に米利上げによるマネーの流れの変化があるだけに、通貨安の「コンテイジョン(伝染)」も懸念される。

6月に国際通貨基金(IMF)からの支援受け入れで合意したアルゼ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報