2018年10月19日(金)

ベトナム携帯、ミャンマーで低価格旋風2カ月240万人

ネット・IT
東南アジア
アジアBiz
2018/8/31 22:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーの携帯通信市場で最後発のベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)が利用者を急増させている。他社の半額程度の格安料金を打ち出し、全土でサービスを始めた6月から2カ月間で240万人、シェア4%を獲得した。当局の規制のギリギリの線を探るキャンペーンで先行3社を慌てさせる。本国で稼いだ利益をもとにした低価格戦略で新興国を攻略している。

ベトテルはベトナム最大手の携帯通信会社。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報