2018年11月15日(木)

中小ものづくり集積地 西の八尾、東の川崎が熱い

スタートアップ
自動車・機械
関西
2018/9/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東西の中小ものづくりの都市の代表格といえば、大阪府東大阪市と東京都大田区。実はそれぞれに隣接する大阪府八尾市と川崎市が近年、注目を集めている。八尾では中小約70社が自社の技術紹介拠点を開設し、人材集めや新規の仕事受注につなげる。川崎では大企業の休眠特許を活用した新製品開発が相次ぐ。“兄貴分"に負けじと町工場のやる気が熱気を帯びている。

■自社技術PRに70社集結

8月中旬、八尾市内の商業施設のホー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

東大阪の町工場に学ぶ海外人材活用[有料会員限定]

2018/8/9 6:30

大田区、海外の政府関係者らに産業・観光体験[有料会員限定]

2018/7/24 22:10

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報