/

この記事は会員限定です

焦るトヨタの未来観、グループ再編止まらない

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

5年連続でグループ世界販売が1000万台、営業利益で2兆円規模を保つトヨタ自動車ですら、100年に一度とされる自動車産業の転換期では立ち止まっていられない。移動革命をめぐるグローバル競争、提携先との資本関係の解消、自社工場のグループへの移管……。異業種と組み、これまでの慣例を次々に破ってまでも成長投資を加速させている。

「新しい競争が始まった。意義の薄い資本関係はやめていく」。8月6日に保有するいすゞ自動車の全株を売却し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2537文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン