2019年7月23日(火)

埼玉・飯能の「ムーミンバレーパーク」、19年3月開業

2018/9/1 6:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県飯能市に建設中のムーミンのテーマパーク「メッツァ」内の有料施設「ムーミンバレーパーク」の開業日が2019年3月16日に決まった。宮沢湖を中心にカフェや北欧ブランドのテナントが集まる「メッツァビレッジ」は18年11月に先行開業する計画で、19年3月でメッツァが全面開業する。

ムーミンバレーパークには展示施設のほか、ムーミン屋敷も整備する

メッツァの開発を手掛けるフィンテック グローバル(東京・品川)と、同社子会社でメッツァの運営を担うムーミン物語(同)が発表した。ムーミンバレーパークの入場料は現在検討中だ。

ムーミンバレーパークには展示施設やアトラクションなどを設け、ムーミンの世界観を体験できる場所にする。ムーミン一家が暮らす屋敷のほか、物語の中で登場する水浴び小屋や灯台なども設置する。

空中に張ったワイヤを滑車で滑り降りる遊具「ジップライン」は、往復約400メートルの宮沢湖面を滑空できる。ムーミンの登場キャラクターの一人「ヘムレンさん」が遊園地をつくったエピソードで登場したツリーハウスも整備。アート作品を飾る展示施設「コケムス」の8メートルを超えるムーミン谷のジオラマも見どころの一つになりそうだ。

先行開業するメッツァビレッジは北欧のライフスタイルを体験してもらう位置付けだ。約10店舗の飲食店が入る施設のほか交流スペースやホールを整備し、地域のイベントにも活用できる。

メッツァの総事業費は約150億円。宮沢湖周辺の敷地面積23.6万平方メートルを開発する。年間来場者数は100万人を見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。