2018年9月24日(月)

ふるさと納税、選ぶ側の姿勢(時流地流)

コラム(地域)
2018/9/3 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

◆寄付をして「読み」と「位置」知るミヤコノジョウ――。ふるさと納税の先進地である宮崎県都城市が初めて実施した「川柳コンテスト」で、3千を超す応募作のなかから大賞を受賞した句である。この句はふるさと納税の現状を端的に表している。寄付した人にとって都城はふるさとでもなんでもないということだ。

◆2017年度のふるさと納税の金額は全国で3653億円と前年度よりも3割増えた。お礼として墓の掃除や空き家の管理…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報