静岡県内の産学官で人材確保

2018/8/31 22:00
保存
共有
印刷
その他

静岡県内の大学や自治体など45団体で構成する「ふじのくに地域・大学コンソーシアム」(静岡市)は31日、静岡県経営者協会や静岡県商工会議所連合会、静岡県商工会連合会、静岡県中小企業団体中央会の4団体と包括連携協定を締結した。産業界で活躍できる人材の育成や教育・研究の振興、国際交流などで協力する。

包括連携協定を締結した(31日、静岡県庁)

県内では少子化や若者の県外流出が続き、産業界は採用難に直面している。連携を通じ、深刻化する人手不足に対応する。コンソーシアムは産学官の共同研究の強化や、社会人の学び直し(リカレント教育)の推進につなげる考えだ。

県商議所連合会の酒井公夫会長は「企業と学生の間にある認識の違いを埋める場を設けられれば」と強調。コンソーシアムの石井潔理事長(静岡大学学長)は「社会のニーズに応じて新しい取り組みを進める必要がある」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]