2018年11月14日(水)

海洋放出、東京でも「反対」 福島第1の汚染処理水

北海道・東北
科学&新技術
2018/8/31 20:14
保存
共有
印刷
その他

東京電力福島第1原子力発電所で汚染水を処理した後に残る放射性物質トリチウムを含む水について、経済産業省の有識者会議は8月31日、処分方法について国民の意見を聞く公聴会を東京都内と福島県郡山市で開いた。同県富岡町で開かれた30日の初会合に続き、海洋に放出する案に反対する意見が相次いだ。

福島第1原発の汚染処理水をめぐる公聴会が都内で開かれた(8月31日、東京・千代田)

この日は2会場で計30人が意見を表明。都内では、原子力問題を追及する市民団体の代表の男性が「海洋放出ではなく、長期間タンクでため続ければいい」と訴えた。別の男性は「トリチウムを分離する技術を試すべきだ」と述べた。

政府の姿勢について「(海洋放出などの)案を出す前に公聴会を開いてほしかった」「開催場所が少なすぎる」などと注文もついた。

福島第1原発では、事故で溶けて固まった核燃料を冷やす水が原因で汚染水が増え続けている。浄化装置でも取り切れないトリチウムを含んだ水は、敷地内のタンクで保管を続けてきた。トリチウムは基準以下の濃度に薄めれば海洋放出も可能とされるが、風評被害などの懸念から処分方法が決まっていない。

有識者会議の委員長を務める山本一良・名古屋大名誉教授は、タンクでの長期保管を求める声が相次いだことについて「今後タンク保管も含めて検討する」と応じ、「説明の仕方については反省し、今後わかりやすい議論を進めたい」と述べた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報