2018年11月21日(水)

銅地金急落 関連製品に波及 電線や伸銅品軒並み安

環境エネ・素材
2018/8/31 19:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

銅関連製品の国内取引価格が下落している。建物の配線に使う電線は3カ月前より4%、電子部品や自動車部品に使う伸銅品は約1割安い。中国の景気悪化懸念が強まり、銅地金の国際相場が急落したためだ。内需が堅調な中で、銅市場に広がる米中貿易摩擦の余波。値下がりが続けば建材や電子部品など様々な分野に影響しそうだ。

■建設など内需は底堅く

電線の指標となるFケーブル(1.6ミリ、2しん)の問屋卸価格は現在1メート…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報