/

相模原市長、4選出馬を表明

相模原市の加山俊夫市長(73)は31日、任期満了に伴う来年4月の市長選に4選を目指して出馬する意向を表明した。同日の記者会見で、リニア中央新幹線の新駅建設や小田急多摩線の延伸などを挙げ、「自分で手掛けてきた事業が多いので4期目で仕上げていきたい」と語った。

加山氏は2007年に初当選し、現在3期目。前回の市長選では自民、民主、公明3党の推薦を受けている。来年4月の市長選にはこれまでに相模原市議の宮崎雄一郎氏(52)が自民党を離党し、無所属での出馬を表明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン