/

北海道内企業、海外拠点新設が最多 17年度

日本貿易振興機構(ジェトロ)北海道貿易情報センターと北海道の調査によると、道内企業が2017年度に海外に新設した拠点数は31拠点だった。統計がある1996年度以降で過去最多だった。経済成長が続く中国やベトナムなどへの進出が目立った。道内企業は旺盛な需要を取り込むため、今後もアジアを中心に海外進出を加速させる見通しだ。

国・地域別では中国が6拠点で最多。次いでベトナム(5拠点)、タイ(3拠点)の順だった。17年度の道内企業226社の拠点総数は417拠点だった。中国が最多の26%を占め、米国(10%)が続いた。

海外進出を今後3年以内に検討する道内企業は64社。進出先としてはタイやベトナムが多かった。両国では北海道ブランドが浸透しつつあり、消費関連企業の関心も高い。

調査は2~3月に、海外との取引実績などがある道内1790社を対象に実施。1702社から回答を得た。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン