2019年5月24日(金)

石塚硝子、ペットボトル増産 ボトルコーヒー需要増

2018/8/31 20:30
保存
共有
印刷
その他

石塚硝子は31日、ペットボトルを製造する東京工場(茨城県境町)の生産ラインを1本追加すると発表した。全体の生産能力を5%引き上げる。投資額は約13億円。ボトルコーヒーの流行などを追い風にペットボトル市場は拡大しており、需要増に対応する。

追加する生産ラインが稼働すると、年3億5000万本の増産になる。稼働時期は2019年4~5月を予定する。石塚硝子は岩倉工場(愛知県岩倉市)でも生産ラインの増設を決めるなど能力増強を急いでいる。

背景にあるのがペットボトル需要の拡大だ。ボトルコーヒーのブームは缶コーヒーの市場を切り崩した。大手飲料メーカーがボトル入りノンアルコール飲料を投入するなど「ペットボトルの利用範囲が広がっている」(担当者)という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報