2018年9月24日(月)

韓国大統領、北朝鮮に特使派遣 南北首脳会談の日程調整

朝鮮半島
北米
2018/8/31 18:16
保存
共有
印刷
その他

 【ソウル=鈴木壮太郎】韓国大統領府は31日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使を9月5日、平壌に派遣すると発表した。韓国と北朝鮮は8月13日、文政権では3回目となる首脳会談の9月開催で合意しており、特使派遣で日程や議題などを詰める。

 韓国大統領府によると、特使派遣は韓国が31日午前に提案、午後に北朝鮮から受け入れるとの連絡があった。特使の人選や規模はまだ決まっておらず、北朝鮮側と協議して決める。

 文氏が北朝鮮に特使を派遣するのは2回目。3月に大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長を首席特使に、情報機関・国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長らが訪朝。金正恩(キム・ジョンウン)委員長らと会談した。

 前回の特使派遣では文政権として初めての南北首脳会談の開催で合意。その後の米朝首脳会談の開催につながった。

 9月に開催予定の南北首脳会談で韓国は米朝の非核化交渉の前進を前提に南北経済協力の具体化をめざす考えだった。だが、米朝間の非核化交渉は進んでいない。北朝鮮が非核化に消極的な姿勢をみせる中では経済協力は難しい状況だ。

 文氏は首脳会談の性格を南北経済協力から、米朝の「仲介役」としての役割に軸足を移すとみられる。北朝鮮に非核化の実行を促し、膠着状態にある米朝の非核化交渉のテコ入れをねらう。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報