/

この記事は会員限定です

明治と戊辰の150年

論説フェロー 芹川 洋一

もうひとつの歴史知る時

[有料会員限定]

ことしは明治150年である。西暦では1868年、干支(えと)でいうと戊辰(つちのえたつ・ぼしん)の年、慶応から明治に改元した。10月23日のことだった。明治150年記念式典が当日に開かれるのはそのためだ。

旧暦で慶応4年の正月3日、鳥羽・伏見の戦いから戊辰戦争がはじまった。薩摩・長州藩などの維新政府軍と、旧幕府勢力や会津・庄内両藩、奥羽越列藩同盟による内戦である。維新政府の権力が確立。9月22日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1896文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン