/

この記事は会員限定です

避難情報どう届ける? ドローン、自販機も活用

[有料会員限定]

大災害時、住民の安全を守るために欠かせないのが正確な情報伝達。過去の災害では避難指示がうまく伝わらず、被害が拡大したケースも少なくない。教訓を生かそうと避難の緊急性を効果的に伝える研究が各地で始まっている。9月1日は「防災の日」。自治体や民間の取り組みを追った。

「ここは遊泳禁止地区です。水難事故防止のため、泳ぐのは禁止されています。速やかに移動をお願いします」。8月下旬の和歌山県白浜町。上空1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1040文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン