その他スポーツ

塚原夫妻、パワハラに反論 宮川選手傷つけたと謝罪も

2018/8/31 17:27
保存
共有
印刷
その他

2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江選手(18)からのパワハラ告発を受けた日本協会の塚原千恵子女子強化本部長と夫の塚原光男副会長は31日、訴えに対する見解を文書で発表し「宮川選手を脅すための発言はしていません」などと否定した。一方で、一部に不適切な言動や落ち度があったことは認め「心を深く傷つけてしまったことを本当に申し訳なく思っております」と謝罪もした。

協会は30日に緊急の対策会議で第三者委員会を設置し、パワハラの有無を調査することを決定。塚原夫妻は調査結果なども踏まえ、進退については関係者と協議することを検討するとした。

宮川選手は所属の垣根を越えて鍛える20年東京五輪強化プロジェクト参加を当初拒んだことで「五輪に出られなくなる」などと圧力をかけられたと主張している。塚原女子強化本部長は同選手の最近の成績が振るわず、足首のけがもあったことで「このような成績や現状のままだと五輪に出られなくなるわよ」という趣旨で伝えたことはあるとし、脅すような言い方ではないと強調した。

宮川選手が速見佑斗コーチによる暴力の聞き取りの際に高圧的な態度をとられたと主張したことには、やりとりの録音があり「録音内容をお聞きいただければ、決して高圧的な態度ではないということはお分かりいただける」と反論した。

協会は31日、暴力行為で無期限の登録抹消などを科した速見コーチが東京地裁に指導者としての地位保全を求める仮処分の申し立てを取り下げたことに伴い、処分が確定したと発表した。協会は9月3日にスポーツ庁に事情説明し、同コーチは5日に記者会見する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 新型コロナウイルスの影響により鹿児島県での年内開催を断念した国民体育大会(国体)と全国障害者スポーツ大会について、日本スポーツ協会、日本障がい者スポーツ協会、スポーツ庁、鹿児島県の4者は25日、トッ …続き (25日 23:00)

 テニスの全仏オープンの予選が25日、パリで行われ、27日開幕の本戦出場を懸けた女子シングルス3回戦で奈良くるみ(安藤証券)はマルタ・コスチュク(ウクライナ)に0―6、6―1、2―6で敗れた。日本勢は …続き (25日 19:54)

フェンシングの高校生対象のオープン大会・女子サーブル決勝で攻める、優勝した慶応女高・河野真央選手=左(25日、神奈川県箱根町)=共同

 新型コロナウイルスの影響で今夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)が中止されたことを受け、フェンシングの歴代五輪代表ら有志が25日、神奈川県箱根町で高校生を対象にした全国規模のオープン大会「Hig …続き (25日 19:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]