/

この記事は会員限定です

四半期の決算開示、企業の成長阻む 大久保秀夫氏

公益資本主義推進協議会代表理事

[有料会員限定]

最近、四半期決算の開示を見直すよう求める意見が増えているように思う。6月には、米国を代表する投資家と金融界の重鎮が「四半期ごとに業績見通しを出すのはやめよう」と米経済紙に寄稿したとの報道を目にした。株主資本主義をけん引する米国でも、四半期決算開示の弊害に気付き始めているものとみられる。私も見直しが必要と考えている。

四半期決算開示の弊害とはどういうものだろうか。恐らく最も心配されるのは、短期的な利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン