/

この記事は会員限定です

私たちは惨禍から何を学んだのか

大災害を生きる(1)

[有料会員限定]

昭和時代には観測することのなかった「震度7」を、平成の30年のあいだに日本は4つの大地震で体験した。わたしたちは災害とどう向き合っていくべきか。新たな危機の時代が、重い問いを投げかけている。(大島三緒)

東日本大震災(2011年) 死者1万5896人、不明者2537人、全半壊40万棟超

「大地さけて水わき出で、盤石われて谷へまろぶ」

平家物語に、文治元年(1185年)夏に畿内などを襲った震災についての記述がある。「ただかなしかりけるは大地震なり。鳥にあらざれば空をもかけりがたく、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン