/

防衛費最大、5兆2986億円要求 陸上イージス2352億円

19年度

防衛省は31日、2019年度予算の概算要求を過去最大の5兆2986億円とすると決めた。18年度当初予算に比べ2.1%増えた。陸上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基の取得関連経費2352億円を盛り込んだ。北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えた迎撃態勢を強化するほか、中国の軍備増強を踏まえ防空能力を高める。

例年、前年度予算と同水準を積む米軍再編費は、額を明示しない「事項要求」とした。再編費を除いた比較では18年度予算比で7.2%増えた。宇宙・サイバー分野にも力を入れるほか、過去に契約した装備品の支払額が増え全体を押し上げた。防衛費は15年度以降4年連続で最大を更新している。年末の編成に向けて膨らむ可能性があり5年連続で最大になる見通しだ。

イージス・アショア取得は1基1237億円と見積もった。防衛省は7月に1基約1340億円との見通しを公表していた。巡航ミサイルの迎撃機能の追加を見送り減額した。搭載するシステムと、レーダーを連動させる試験の経費は20年度以降に先送りした。

新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を発射するためのイージス艦2隻の改修費として75億円を盛り込んだ。長距離巡航ミサイル「JSM」の購入費73億円を計上。宇宙ごみ(デブリ)を監視するレーダー導入など宇宙関連経費として925億円を盛り込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン