/

この記事は会員限定です

建機レンタル、豪雨復興需要で稼働高水準

[有料会員限定]

7月に西日本を襲った豪雨の復興需要がレンタル建設機械の稼働率を押し上げている。通常、夏場は公共工事が少なく需要が落ち込むが、豪雨に伴う土砂災害や河川の氾濫で、がれきなどの撤去作業や運搬に使う建設機械に需要が集中。一部の機械は全国から集めて対応している。

需要増が目立つのは土砂やがれきの撤去などに使うバックホー(油圧ショベル)や運搬用のダンプカー。「例年、この時期の稼働率は65%程度だが今年は全体で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン