/

この記事は会員限定です

武田薬品、大阪工場に100億円 抗がん剤生産効率化

[有料会員限定]

武田薬品工業は大阪市市内の大阪工場に新たな生産施設を建設する。投資額は約100億円。前立腺がん治療薬「リュープリン」の注射剤の製造施設で、高度な無菌設備などを導入し生産の効率化を狙う。アイルランドの製薬大手シャイアーの買収により米国事業を拡大するが、国内での生産体制を引き続き維持する考えだ。

武田の大阪工場は阪急電鉄の十三駅(大阪市淀川区)近くに立地する国内の中核工場の一つ。新棟は大阪工場敷地内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません