2018年9月26日(水)

トルコリラ一時5%安 中銀副総裁辞任報道で

トルコショック
中東・アフリカ
2018/8/30 22:26
保存
共有
印刷
その他

 【イスタンブール=佐野彰洋】トルコの通貨リラが再び最安値圏に迫っている。30日の対ドル相場は一時1ドル=6.8リラ台と前日比5%強下落した。ロイター通信がトルコ中央銀行のキリミジ副総裁が辞任すると報道したことを受け、下げが加速した。29日夜の演説でエルドアン大統領が「(経済的な)脅しに対し、譲歩することは不可能だ」と述べ、対米強硬姿勢を貫いていることもリラ売り要因となったもようだ。

 トルコ在住の米国人牧師拘束問題で、トランプ米大統領は牧師の即時解放を要求し、応じないトルコに制裁を科した。北大西洋条約機構(NATO)同盟国間の異例の緊張を受け、リラの対ドル相場は13日に一時1ドル=7.2リラ台まで急落し、過去最安値を更新していた。

 銀行監督当局による、為替スワップ取引の制限などでリラは一時5.8リラ台まで買い戻されたが、「犠牲祭」の大型連休が終了し、再び下げ足を速めている。金融引き締めを嫌うエルドアン氏の圧力で中銀が通貨防衛の利上げに踏み切らないことも市場の不信を増幅させている。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報