/

この記事は会員限定です

鶏も夏バテ、卵が一転値上がり 生産減り消費上向く

[有料会員限定]

安値が続いた鶏卵の卸値が上昇している。東京市場では指標品が8月中旬から1割ほど上昇し、4カ月ぶりの高値をつけた。夏場の猛暑や産地の生産抑制で出荷が減る一方、お盆の端境期を過ぎて消費が持ち直した。秋の行楽シーズンを控えて先高観は強い。一方、国産鶏肉は需給緩和で安値が続き、鶏卵と対照的な値動きとなっている。

JA全農たまご(東京・千代田)の東京市場の卸値(Mサイズ)は30日時点で1キロ180円と前週前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン