/

この記事は会員限定です

マツダ、9月10日に生産正常化 2カ月ぶり被災前の水準に

JR各線で運転再開が拡大 道路渋滞の緩和も期待 部品企業の代替生産は残る

[有料会員限定]

マツダは30日、9月10日から国内工場を西日本豪雨による影響を受ける前の通常操業に戻すと発表した。JR山陽本線や呉線の運転再開区間が広がって社員の通勤がしやすくなり、周辺の道路渋滞も混雑緩和が期待されるからだ。被災した一部の企業はなお生産再開に至っていないものの、部品の調達にメドが立ったことも踏まえて総合的に判断した。

西日本豪雨では本社工場(広島市)、防府工場(山口県防府市)ともに生産設備の被災はなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン