2018年9月23日(日)

香港・東亜銀行、100年目の改革 仮想銀を検討
70支店広さ2割減、迫る中国発フィンテック

金融機関
中国・台湾
アジアBiz
2018/8/30 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 創業100年の歴史を持つ香港資本の銀行最大手、東亜銀行がIT(情報技術)化で転機を迎えている。香港はもともと200行近くがひしめく「銀行過剰」の地だが、中国本土発の最新フィンテックが迫り来る。東亜銀はITを生かして支店面積を2割減らすとともに、仮想銀行(バーチャルバンク)に参入する方針。隣接する中国広東省の成長力を改めて取り込む体制を整えている。

 29日発表した2018年1~6月期決算の調整後純…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報