/

環境省、ゲノム編集を法規制へ 新種生む恐れ

環境省は30日、農作物の遺伝子を効率よく改変する技術「ゲノム編集」について法規制の対象とする方針を決めた。植物などに外部から遺伝子を導入したケースが対象となる。遺伝子を切断するなどの改変についても同省などへの届け出を求める。

同日の専門家会合で、遺伝子組み換え技術の利用を規制する「カルタヘナ法」が、ゲノム編集にも適用できるか議論した。遺伝子を外部から組み込む方法は繁殖力の強い種を生むなどのリスクがあるため、同法が適用できると判断した。同法の対象になると、食品などへの応用で、国による審査が必要になる。

遺伝子の一部を壊したり、切断したりする改変は通常の自然界でも起こりうるとして規制の対象外としたが、ゲノム編集による改変は実例が少なく安全性の懸念が残るため、同省への届け出を求める。

ゲノム編集は従来の遺伝子組み換え技術より効率的に遺伝子を操作でき、農作物の生育を早めたり、病害に強くしたりする研究が進む。ただ規則が整備されておらず、野外で栽培などをした場合に既存の生態系を脅かすといった懸念があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン