2018年11月20日(火)

NAFTA再交渉はどこへ? 3つのポイント

貿易摩擦
3ポイントまとめ
3つのポイント
北米
中南米
2018/8/30 16:00
保存
共有
印刷
その他

米国、カナダ、メキシコでつくる北米自由貿易協定(NAFTA)の見直し交渉が大きく動いています。NAFTAはなぜ見直すことになり、再交渉の行方はどうなるのでしょうか。

貿易交渉のため米通商代表部(USTR)に到着したカナダのフリーランド外相(29日、ワシントン)=AP

貿易交渉のため米通商代表部(USTR)に到着したカナダのフリーランド外相(29日、ワシントン)=AP

(1)米トランプ政権が不満持つ

米国の貿易赤字を問題視するトランプ大統領は、NAFTAが原因の1つになっているとして不満を持っており、就任前から見直しを主張していました。

NAFTA、域内GDPは20兆ドル

(2)交渉の行方は不透明

3カ国のうち、米国とメキシコは2カ国だけの交渉で大筋合意に達しました。今後はカナダとも合意できるかが焦点です。

NAFTA再交渉、晴れぬ霧

(3)日系企業にも影響

日系企業は米国市場向けの製造拠点を関税のかからないカナダやメキシコに設けてきました。新条項で部品調達先の見直しなどの戦略転換を迫られる可能性があります。

日本車に戦略転換迫る

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報