/

前橋市教委、不正アクセスでNTT東日本に賠償請求へ

日経クロステック

前橋市の学校向けネットワーク「前橋市教育委員会ネットワーク(前橋市学校教育ネットワークシステム:MENET)」で2018年3月に起こった不正アクセスを巡って、同市の教育委員会は同年8月28日までに、運営委託先であるNTT東日本に約1億6500万円の損害賠償を請求する方針を固めた。教委は損害額の算定を済ませ、同日付で約1億6500万円の歳入を計上する議案書を前橋市議会に送付した。

この不正アクセスによって、前橋市内の児童生徒と教職員4万7839人分の氏名、生年月日、住所、電話番号、保護者氏名などが流出した疑いがあることが分かっている。

教委事務局の説明によれば、これまでの調査・対応費用や、個人情報流出に関する市民からの問い合わせに答えるためのコールセンターに関わる人件費として約1億1500万円の損害が生じている。さらに、不正アクセスを受けたネットワークの再構築費として約5000万円を見込む。これらの合計額について、NTT東日本に請求する方針だ。NTT東日本とはこれから交渉するという。

NTT東日本は「損害賠償の話はこれまでに出ておらず詳細を把握していない」(広報)と説明した。そのうえで「前橋市の第三者委員会報告書は当社にも責任があったと指摘しており、その点に異議はない。市から請求があれば、これまで通り真摯かつ適切に対応する」(同)とした。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2018年8月29日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン