/

22年度開業へレール初敷設 九州新幹線長崎ルート

(更新)

2022年度の暫定開業を目指す九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)のうち、フル規格新線を建設中の武雄温泉(佐賀県)―長崎(66キロ)にレールを初めて敷設する作業が30日、佐賀県嬉野市の嬉野温泉駅(仮称)予定地付近で始まった。高架橋の建設は順調といい、開業に向けた工事が一歩前進することになる。

敷設される長崎新幹線のレール(30日午前、佐賀県嬉野市)=塩山賢撮影

この日は現場で記念式典が開かれ、大型の装置を使いレールが敷かれていった。装置のスタートボタンを押した嬉野市の村上大祐市長はあいさつで「念願の時が訪れ、感無量だ」と感慨深げに話した。式典には整備主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構や、工事を実施する「三軌建設」(福岡市)、地元自治体の関係者が出席した。

敷設されるレールは25メートル換算で計1万700本。新日鉄住金八幡製鉄所(北九州市)で製造され、既に約2900本が嬉野市の軌道基地に運搬されたという。

長崎ルートを巡っては、国が開発を目指してきたフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の導入計画が頓挫。代替案の全線フル規格やミニ新幹線での整備案に関し、佐賀県が財政負担が増えるとして難色を示しており、与党の検討委員会は今夏の決着を持ち越した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン